プロフィール

◆心理カウンセラー

  山下明世(Yamashita Akiyo)

◆資格

 産業カウンセラー

  2017年 資格登録

  一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

K&A カウンセリング 

心理カウンセラー


東京都小金井市在住(17年目)


1973年 岡山県生まれ

1996年 大学卒業後ホテルに就職

ホテル退職後は建設会社等で事務職に従事。


2009年 介護職員(訪問ヘルパー、デイサービス)に転身

2014年 介護職員として働きながら久々の大学生(通信課程)になり心理学を学び、卒業


現在、心理カウンセラー

『心理カウンセラー』という仕事に興味を持ち、民間の養成学校で学びました。

そのきっかけは、心理学とは全く関係のない学部に在籍中だった大学生の時、進学で実家を離れ生活していた神戸市内で阪神淡路大震災(1995年1月)を被災したことが大きく影響しているように思います。

翌日にはいろんな人の助けで実家に戻ることができましたが、安全な場にいても日々明らかになる被害状況をテレビで知りただ茫然とするばかり、その後も復旧・復興していく姿をただ茫然と見るばかりでした。

私が『心のケア』という言葉を聞くようになったのはこの阪神淡路大震災からだったと思います。

  ただ傷ついたまま・・・

  ただ、茫然と過ごすことしかできなかった日々・・・

それが何かの宿題として心に残り続け、10数年後『心理カウンセラー』という仕事に向かわせたのでしょう。

学び始めてから今日までかなりの時間を要しました。修了してからも事務職を続けていたし、転職先も介護職というなんとも足踏みの長い時間を過ごしていました。

その間に、夫が病気をして入院という人生二度目の足元から何かが崩れるような思いを体験しました。(もう既に回復して元気です!)

また介護職にあっても、渦巻く(!?)感情は自分自身の未熟さで、大人だから自分で処理・解決しないといけないと思って何だかんだと孤軍奮闘ですよ。

ぼんやりとですが、そこには孤独感があり、ただ話を聞いてくれる人がいたらいいな。と思ったものです。


そうか。そんな人に私がなればいいんだ・・・

ゆったりとした空間を作って、話を”聴いて”くれる人に。


自分自身がしんどい、つらいと思えば悩みだし、

悩みに大小はなくて、

そして、誰かと比べて大きい、小さいというものでもないと思うのです。

誰か、何かと比べて小さい悩みだからと決めつけずに、自分自身の心を大切にしてほしいです。

『こんな小さなことで』と言わず、まず話しに来てください。


肩の荷を下ろして、軽やかに歩みを進めて行くためのお手伝いができたら良いなと考えています。

その方法を一緒に考えてみませんか?

もつれた糸を解きほぐすように、をモットーに丁寧にお話をお伺いします。