介護のお仕事中にいただいた"迷"言①

認知症の方の1対1の介護中、言われました。

『あなたは天国の一番いい所に行ける』


!?


天国に行ける、ならよくありそうな台詞です。


更に"一番いい所"ってどんな所??

なんだか、その表現が可笑しくてクスッと笑ってしまいました。

明るくて暖かくてほんわかしたイメージが浮かんできたので

勝手な解釈ですけど、

これは最上級的な褒め言葉☆としてありがたく受け取りました。


ただ、私自身はといいますと、

"天国の一番いい所"とは対極にあるようなタチなのです。


なんなら、

"このままだと地獄に行くことになるから精進しなさい"

と言われた方がしっくりくる人間なのです。(自覚あり)


だから、嬉しさ半分、気恥ずかしさ半分のくすぐったい気持ちになりました。

この方はもともとユーモアのセンスのある方だったのだと思いますが、

認知症であってもユーモアは失われないんです。

素敵な方です。


正解のない仕事です。

私が担当でなければ、もっとよりよい時間を過ごせるのでは?

という思いは常にあったので

受け入れてもらえたような、認めてもらえたようで

嬉しく思いましたし、


何よりもユーモアのセンスに

とても幸せな気持ちにさせてもらえたのでした。

0コメント

  • 1000 / 1000