認知症について介護の仕事をして思ったこと② 心の動き編

※過去記事を加筆修正しました


ちょっとイイ人っぽいことを書いてきましたが、

 これは元々の性格なのかしら?

 認知症の症状がそうさせるのかしら? 

 (プンスカ!!怒)

と思うことは・・・正直しばしばありました。

新人訪問ヘルパーの時、常に不機嫌な認知症の進んだ方(女性)を担当したことがあります。

(ご近所さんの反応を見るに)元々の気質はかなりあるのでは、と想像しますが、


知らない人が突然家に上がり込んで、

台所に立ったり、掃除を始めたりするのです。


誰よアンタ!何なのよ!

恐怖でしょうね。


もちろん、ご挨拶から始まって、その都度声をかけながらお仕事しているのですが、

知らない人が家の中を動き回る不信感

主婦として一家を支えてきたのに役割を取り上げられたような思いがあったかもしれません。

年齢によりいつの間にか出来なくなっていることに気づき苛立ちと寂しさを抱き、一方では受け入れられない。そんな葛藤が無意識にあったのだろうと思います。


実際、葛藤があったかどうかは今となっては知る由もありませんが、その後出会った利用者さんとのやりとりのなかで無意識のうちの葛藤を知ることになりましたので、おそらく不機嫌な彼女もそうだったのでは、と想像します。


知らない人が自分の家の中を勝手にウロウロしている、と想像してみると誰だって嫌ですよね。認知症の有無、年齢、性別に関係なく。


ところが。そんな彼女。

基本不機嫌ですが時折労ってくれたり、夏場には暑苦しく見える私の黒髪を褒めてくれたりするのです。


で。何が言いたいかというと、

認知症が進んだといっても不機嫌にも理由があるし、人への優しさも失ってしまったわけでもない。

社会性の全ては失われないし、心は常に動いている、ということです。

0コメント

  • 1000 / 1000